Straight Outta Street

#NEWS – ダブルダッチ・コンテスト・ジャパン 2017

daichi_saito_8.jpg

3月18日(土)から20日(月)にかけて、世界最大級のダブルダッチの祭典・”Double Dutch Contest Japan 2017″が行われた。18日(土)に行われた予選大会には、JUNIOR・U-19・OPENの3部門を合わせて187チームが出場し、歴代最大規模の激戦となった。そして20日(月)の決勝大会には、予選を勝ち抜いた20チームが出場、8月に香港で行われる世界大会”Double Dutch Contest World”への出場権を賭けた熾烈な戦いが繰り広げられ、府中の森芸術劇場の2000席を埋め尽くす観客が熱狂に包まれた。

スピード

MCによるオープニングが終了し、まず行われたのは、30秒間に縄を跳ぶ回数を競うスピード競技。JUNIOR部門では”01″所属の”LUCY”、U-19部門では”Ja☆p Steady Fam”所属の”☆皆跳☆”、OPEN部門では東京大学ダブルダッチサークル”D-act”所属の”VENI.VIDI.VICI”が優勝となった。また、この3チームによる全部門の決勝戦”SPEED FASTEST JUMPER”では”☆皆跳☆”が優勝、中学生ながら全世代最速の栄冠に輝いた。

“SPEED FASTEST JUMPER”に輝いた”☆皆跳☆”。

パフォーマンス JUNIOR部門・U-19部門

続いて行われたのは、2分半から3分のダブルダッチ・ショーケースを行うパフォーマンス部門。こちらもJUNIOR部門、U-19部門、OPEN部門の3部門ごとに、予選を勝ち抜いたチームによる激戦が繰り広げられた。

JUNIOR部門を制したのは、狛江ダブルダッチクラブ所属の”まめ☆狛”。ビデオゲームの世界観を表現したショーケースは、予選大会から連続したストーリー構成となっており、会場を大いに沸かせた。さらにU-19部門では、同じく狛江第二中学校ダブルダッチ部所属の”狛Zest”が優勝となった。着物の衣装に身を包み、和を体現したショーケースは見るものを引き込む演技力と構成力を見せた。

JUNIOR部門・U-19部門では、技術面・表現面・構成面の全てにおいて、OPEN部門顔負けの演技を行うチームが数多く見られ、キッズ・ジュニア世代の底上げが感じられる結果となった。

パフォーマンス JUNIOR部門の優勝チーム・”まめ☆狛”。

パフォーマンス U-19部門の優勝チーム・”狛Zest”。

パフォーマンス OPEN部門

そして、大学生・社会人が参加するOPEN部門において優勝に輝いたのは、OVER THUMPZ所属のプロダブルダッチチーム・”REG-STYLE”。各方面で活躍しダブルダッチ業界を牽引する同チームが、文字通り日本一の栄冠に輝いた。次ぐ準優勝は、社会人チーム・”YUTTY KINGDOM.”。社会人ながら第一線で活躍するメンバーが集まる同チーム、予選敗退となった昨年からの悲願を達成した。そして3位入賞は、日本体育大学ダブルダッチサークル・乱縄に所属する”W-DARE.”。百戦錬磨のOB・社会人チームが集う中、学生チームながら圧巻の演技で堂々の3位入賞となった。

耽美な雰囲気で会場をどよめきに包んだ関西の社会人チーム・”Basement Collection”、邦楽を使用して青春ドラマのような世界観を見せた成蹊大学ダブルダッチサークル”88(ダブルエイト)”所属の”Sfiida.88″など、個性豊かなチームが多数見られ、1つのパフォーマンス・ショーケースとしての、ダブルダッチの更なる可能性が感じられた。

パフォーマンス OPEN部門の優勝チーム・”REG-STYLE”

パフォーマンス OPEN部門の準優勝チーム・”YUTTY KINGDOM.”

パフォーマンス OPEN部門の3位入賞チーム・”W-DARE.”

全てのスピード・パフォーマンスが終了した後、ゲストショーケースを披露したのは、ダブルダッチ業界のトッププレイヤーたちが集まった”RED CORE”。タイムマシンのように日本の文化を駆け巡るショーケースは、2020年に迫るオリンピックへの架け橋を感じさせ、日本の文化・魅力を発信するダブルダッチ業界の意気込みを体現したショーケースとなった。

ゲストチーム・”RED CORE”、ヒップホップMC・”KEN THE 390″とのコラボも見せた。

スピード・パフォーマンス、それぞれにおいて、JUNIOR部門とU-19部門の優勝チーム、そしてOPEN部門の上位3チームは、8月に香港で行われる世界大会”Double Dutch Contest World”に出場する。”Double Dutch Contest World”開催以来、5年連続の優勝を果たしている日本、6連覇を賭けた日本代表チームの活躍が期待される。

■SPEED CHAMPIONS
JUNIOR LUCY
U-19 ☆皆跳☆
OPEN VENI.VIDI.VICI
■SPEED FASTEST JUMPER
U-19 ☆皆跳☆
■PERFORMANCE JUNIOR
優勝 まめ☆狛
準優勝 Rush∞Ace
3位 LUCY
■PERFORMANCE U-19
優勝 狛Zest
準優勝 Rouge
3位 Bveas
■PERFORMANCE OPEN
優勝 REG-STYLE
準優勝 YUTTY KINGDOM.
3位 W-DARE.

Double Dutch Contest
キッズから大学生、そして社会人まで、全てのダブルダッチ愛好家が集う日本発祥のダブルダッチの祭典。2002年の第1回開催より毎年3月に開催され、2012年からは各国の代表が集う世界大会となった。世界大会化以来、日本チームは5年連続で世界一の座に輝いている。